マルティン・ルター ポスター展

ポスター展「#HereIstand 我ここに立つ -
マルティン・ルター、宗教改革とそれがもたらしたもの」 を山口日独協会主催で行います。

・平成29年11月2日(木)から平成29年11月12日(日) 9時~17時(6日休館)
・山口県立山口図書館ロビー
・主催:大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、山口日独協会

今から500年前の1517年マルティン・ルターが教会の扉に「95箇条の論題」を提示したと伝えられています。
この「論題の提示」は宗教改革の始まりで、その後に続く広範な宗教的、文化的、政治的な結果を見れば、
ルターの宗教改革は宗教上だけでなく、世界史にその名を刻む文化史的大事件と言えます。

この歴史的事実をドイツ総領事館提供の30枚のパネルでご紹介します。

 

 

 

コメント投稿は締め切りました。